サマリーポケット

クローゼットをスマホで整理、ダンボールに入れて送るだけの簡単収納サービス、サマリーポケット

クローゼットをスマホで整理!その画期的な方法とは?

田中 杏子 (『Numéro TOKYO』編集長/スタイリスト)

スマホひとつで部屋が劇的に片付く収納サービス「サマリーポケット」の利用例を中心に、こだわりの収納法や断捨離術など、“モノの管理” についてさまざまな方へインタビューするサマリーポケットジャーナル。
今回ご登場いただくのは、インターナショナルモード誌『Numéro TOKYO』の編集長として辣腕を振るうだけでなく、スタイリングや服飾デザインも手がけるなど、ウィメンズファッション界の最先端で幅広く活躍中の田中杏子さん。
物心ついた頃からファッション一筋だった田中さんの眼に、サマリーポケットはどのように映ったのでしょうか。

Sumally Pocket(サマリーポケット)って?
1箱250円の格安価格で預けられる
お手軽収納サービスです。
モノの取り出しも預け入れも管理も、
PC・スマホで完結!
詳しく見る

写真:下屋敷和文

02_プロフィール上
田中 杏子(たなか あこ)
編集者/スタイリスト。イタリア・ミラノで雑誌や広告などに携わった後、帰国後はフリーランスのスタイリストとして活動。スタイリストやファッションエディターとして活躍後、2005年11月『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)も好評発売中。
http://numero.jp/

— 今回サマリーポケットに預けていただいたモノは、やはり洋服が多いのでしょうか?

そうですね。山本くん(Sumally代表・山本憲資)から「ぜひ使ってください」と言われて、話を聞いてみたらおもしろそうだったので、「当分必要ないかな」っていう洋服や靴なんかを、とりあえず3箱ぐらい試しに預けてみました。

— 衣替え的にお使いいただいたのでしょうか?

仕事柄、どうしても毎シーズンかなりの量の洋服や靴、バッグを買い足していくような感じになるので、あんまり「ごっそり衣替え」っていうことはしないんですよね。なので、思い入れのあるモノとか、「多分今後も絶対処分しないだろうなぁ」っていうモノを中心に。

— なるほど。実際に使ってみていただいて、使い勝手などはいかがでしょうか?

まだ預けただけで、取り出すことをしていないので、サマリーポケットの本当の良さっていうところまではまだ使いきれていないんですけど、預けたモノがきれいに撮影されて、アプリできれいに並んでいるの見た時、「送ったモノを丁寧に預かってくれているんだな」って感動しました。預けた分、部屋もちょっとすっきりしたかな…って感じもあるんですけど、とりあえずまだお試しぐらいの感じなので。
(アプリの画面を見ながら)家にはもっと洋服があるんです、部屋まるまるひとつ分。と言っても、クローゼットみたいにすごく整理された衣裳部屋、という感じじゃないんですけど(笑)。
もっと何十箱も劇的に預けると、サマリーポケットをクローゼットみたいなイメージで使えて、家の中ももっとすっきりするんでしょうけど、まだまだそこには至ってないですね。

田中さんのPocket画面。素敵なお洋服でいっぱいでした…!

田中さんのポケット画面。素敵なお洋服でいっぱいでした…!

— そのお部屋からはみ出してしまうようなモノはどうされているんでしょうか?

スタッフにあげたり、妹や姉にあげたりっていうので、だいたい処分しちゃうんですよね。東日本大震災の復興チャリティイベントでやるフリーマーケットに提供したりとか。

— 今までトランクルームのご利用を検討されたことは無いのでしょうか?

まったく無いんです。いつも処分しちゃうので。そういえばこのあいだ、処分しようと思っていた服が見当たらなくて、おかしいなと思ったら、すでにサマリーポケットに預けていたということがありました(笑)。

— 取っておくモノと処分されるモノの線引きは、どのあたりにあるのでしょうか?

やっぱりモノに対しての愛着かな。「もういいかな」と思ったものは処分しますし、やっぱりすごく大切なもの、例えば思い入れがあるとか、いただきものとか、そういうものは持っておきたいですよね。
あとはちゃんとした、高価なものとかは、またそういう気持ちになったら着るかなっていうこともあるので、処分はしないです。なので、レザーのコートとかファーのコートとか、そういうものは割と持ってますね。

— 一番長く持っていらっしゃる服って、どんなものでしょうか?

一番古いものだと…25年前ぐらいに買ったものかな。ちゃんと仕事をしはじめて、お金もちょっと持ちはじめて、「えいやっ!」って買ったモノとかは、「あの時がんばって買った10万円のバッグ…」って思うとなかなか捨てられないですよね。

— サマリーポケットに、もっとこんなことができたらいいという部分はありますか?

すごい主婦的な感覚で言うと、預けるのと取り出すのを繰り返せば繰り返すほど、意外とコストがかさんでいくぞ、っていうのはありますね。箱のなかから数点だけ取り出した後、そこにまた戻すということができないじゃないですか。そうなると、取り出した分、空白に対して保管料を払っているような形になってしまうので、そういうところの使い勝手が良くなるといいなと思います。
あとは、洋服を吊るしたまま保管できるようになるといいですよね。たたまれた状態での保管だと、やっぱりたたみ皺が気になっちゃいますし。「すぐ着たいな」と思って取り出して服を、スチーマーを当てたりアイロンをかけたりすることなく、そのまま着られるようになったら最高ですね。

いかがでしたか?
クローゼットを整理しきれず溢れてしまった服やバッグは、サマリーポケットにおまかせください!
大切なお洋服を、空調管理された倉庫で丁寧にお預かりいたします!

その他の投稿

記事一覧へ

クローゼットの整理に大活躍のサービス、サマリーポケット

新規登録(ボックス取り寄せ)会員の方は
ログイン