サマリーポケット

革製品やファーを大切にする保管術とは?サマリーポケットでカンタン解決!

革製品やファーなど、扱いが難しい衣類を大切に長持ちさせる保管のコツとは?

栗本 京 (ルイーズ/イクヌーザ代表)

スマホひとつで部屋が劇的に片付く収納サービス「サマリーポケット」の利用例を中心に、こだわりの収納法や断捨離術など、“モノの管理”についてさまざまな方へインタビューするサマリーポケットジャーナル。
今回は、ラグジュアリーブランドでの経験を生かし、ファッションブランドのコンサルティングや、靴やバッグのブランド「イクヌーザ」を手がける栗本京さん。繊細な洋服と付き合ってきたからこそ洋服の収納には人一倍気を遣っているという彼女も、安心してサマリーポケットを使っていただけているようです。

Sumally Pocket(サマリーポケット)って?
1箱250円の格安価格で預けられる
お手軽収納サービスです。
モノの取り出しも預け入れも管理も、
PC・スマホで完結!
詳しく見る

写真・取材・文:平井莉生


栗本 京(くりもと みやこ)
大学卒業後、1999年にグッチグループジャパン(現・ケリングジャパン)入社。2006年6月、マーケティングのルイーズを起業。同年11月イクヌーザを立ち上げ、取締役を経て、2010年に社長に就任。

日本の住宅では、繊細な洋服を安全に保管するのは至難の技。

— サマリーポケットに預けていただいているものは、やはりお洋服が多いのでしょうか。

そうですね。仕事柄、洋服は毎シーズン増えていくもので……。サマリーの存在は知っていたんですけれど、私、アプリとか新しいサービスにすごく疎くって、サマリーポケットにはなかなか手を出せないでいたんです。でもお友達に教えてもらって、「アプリで箱を取り寄せて、荷物を入れて出すだけなら私にもできるかも!」と思って挑戦してみたら、本当に簡単でした。簡単すぎて、「私何か他にやるべきこと忘れてない?」って心配になったくらい(笑)。これまではいらなくなったものはチャリティーに寄付したり、人に譲ったりしてきたんですけれど、私のものは洋服も靴もサイズが小さいこともあって、手元に残っているものも多く、困っていました。そこでサマリーポケットの「おまかせヤフオク!出品」を使わせていただきました。今の私にとっては、おまかせで出品できるのは時間も手間も大幅に短縮になるので、とってもありがたいです。大切にしていたものは、捨ててしまうのではなく、また大切にしてくれる人にお譲りしたいですからね。

収納に困っていた洋服を、たくさん出品いただいたようです。

— これまでは、どのように収納されていたんでしょうか?

衣装ケースに入れて収納していましたが、私収納自体は得意な方なんです!これも仕事柄、洋服の管理については体に叩き込まれていますから、何をどうやってたたんで、どうしまっておくべきか、ということについて詳しいんですよ。それでも物が増えてしまっていたので、サマリーポケットと出会えてよかったなと思っています。

衣装ケースからそのまま、サマリーポケットのボックスに移し替えたそうです。丁寧に正しく保管されていた洋服は、美しいですね。

— その収納のテクニック、伝授していただきたいです……!きっとたくさん知識をお持ちだと思うのですが、サマリーポケットに預けておくのにおすすめなものはありますか?

今私は、エコノミープランのボックスを使って「今シーズンは着ないかもしれないけれど手放すのはもったいないもの」といった無難なものを預けています。すごく繊細なものはやっぱり心配だったりして……。でも、サマリーポケットは温度と湿度がきちんと管理されているということを聞いたので、これからは、レザーやファーを使ったものも積極的に預けていきたいなと思っています。

— なるほど。レザーやファーは管理が重要なんですね。

そうですね。繊細なレザーやファーは日本の住宅の狭いクローゼットではなかなか管理が難しいものなんです。夏は暑くて湿気が多いし、湿気取りを入れておくとレザーにとって必要な油分まで吸い取られてしまう。だから湿気の多い場所に保管せずに、なるべく風通しの良いところに保管するなど家でも相当気を遣っていたのですが、サマリーポケットなら安心して預けられそうです。あとレザーをはじめ、たたみジワがついてしまうものは「ハンガー保管」のオプションサービスを利用することをおすすめします。靴も、収納できる数は限られてしまいますが、大切なものは箱に入れたまま預けるのが良いと思いますよ。購入時の箱に入れておけば、形が崩れてしまうこともありません。

— 勉強になります。ラグジュアリーブランドでのお仕事の経験が、今のお仕事にも生かされているのですね。 

まさにそうです。大学を卒業してからグッチグループジャパンに入社し、のちに起業しました。今は、コンサルティングやマーケティング、PRを行う「ルイーズ」と、バッグや靴などファッション小物メーカーである「イクヌーザ」というふたつの会社をやっています。「イクヌーザ」は「(コンサルティングの仕事をしていて)マーケットのニーズがわかっているんだったら、自分でも作ってみたら?」と声をかけていただいたのがきっかけで、3人で立ち上げた会社です。「ハイブランドのものを諦めて、手頃なプライスのものを選ぶ」のではなく、私たち裏方が素材選びなど工夫を凝らすことによって「上質さを諦めずに、手頃なプライスを選ぶ」という選択肢を作りたいと思って、物作りを続けています。ファッションって、気持ちをワクワクさせてくれるのものじゃないですか。そのワクワクを値段で諦めてほしくないんです。

— ワクワクした気持ちを持続するためにも、収納や管理の仕方は重要なんですね。

そうなんです。やっぱり、大切にしているものはいつまでも綺麗に使いたいじゃないですか。ラグジュアリーブランドのものを扱っていた時代に保管や収納の方法を学んだ経験から、「高級だから」ということだけでなく、自分が好きなものや大切に思っているものは、きちんと丁寧に保管しておきたいと思うようになりました。

いかがでしたか?
湿度管理が難しい繊細な革やファーのアイテムも、サマリーポケットにおまかせください!
安心・安全の保管環境で丁寧にお預かりいたします!

その他の投稿

記事一覧へ

革・ファーなどの難しい衣類もサマリーポケットにおまかせ。

新規登録(ボックス取り寄せ)会員の方は
ログイン