サマリーポケット

マルチタレント・はましゃかさんの個性的なクローゼットを大公開!

「服の収納、どうしてる?」はましゃかさんのクローゼットの中身、大公開!

はましゃか(マルチタレント)

取材・文:小沢あや
写真:丹野雄二

ピンクのロングヘアがトレードマークの、マルチタレント・はましゃかさん。美術大学を卒業後、フリーランスで、イラストや女優業など多才な活動をしている彼女。手書き風のコラージュをほどこしたInstagram上の投稿が話題となり、さまざまなメディアへ寄稿もされています。

写真に手書きの文字や絵を載せる #しゃかコラ が話題に

今回は、個性的なファッションのルーツについて語ってもらいました。クローゼットの中身も大公開。

はましゃか(マルチタレント)
1994年生まれ。多摩美術大学卒。在学中からモデルやイラストレーター、ライターとして活動。インスタグラムでは自身の写真に画像の落書き加工を施したもの、通称”しゃかコラ”を投稿し話題に。コラム執筆、手書きロゴやサムネイル、自身をモデルにした写真作品の制作などマルチに表現活動を展開している。
Twitter:@shakachang
Instagram:@shakachang

髪色をピンクにしてから、ファッションが楽しくなった!

はましゃかさんが黒髪ロングをヴィヴィッドなピンク色に染めたのは1年前のこと。

トレードマークはピンクのロングヘア

「髪色を変えてから、自分が似合うものがはっきり選べるようになってきたんです。今までは『コーディネートは2色まで』とか『全体のトーンを合わせる』とか、ファッションもルールで考えていたけど、髪の毛をピンクにしてからは『色たち、みんな私に集まれー!』って感じで(笑)。周囲からもファッションを褒めてもらえることも増えました」

レインコートのような素材のジャケット

「変な服を見つけると『私の服だ! 私しか着れないんじゃない? 着なきゃ!』と思うようになりました。このジャケットも素材がおもしろくて、即買いしたもの。友達からも『これ、はましゃかに絶対似合うよ』って、服をすすめてもらうことも増えました。『はましゃかっぽい』って言ってもらえるんです」

はましゃかさんのお気に入りのアイテムは?

髪色を変えてから、お洋服の好みも変わったそう。クローゼットの中からお気に入りアイテムをいくつか見せてもらいました。

オーガンジー素材のパーカー

「このシースルーのお洋服は、スタイリングを担当してくれている友人のLA土産なんです。『はましゃかに似合いそう!』って、買ってきてくれました。普段は着る機会があんまりないいんですけど、気に入っています。印象が強いので、着まわしには悩んじゃうんですけど」

パジャマも、デイリーファッションに取り入れるんだそう。

「エンジ色のシルク風シャツも前によく着ていたアイテム。実はパジャマなんです。高円寺のおばちゃんがやっているリサイクルショップで、1500円くらいで買いました。髪の毛がピンクだから、赤い服と合わせたら面白いかなと思って」

パジャマのような素材のデカパン

「青いパンツは札幌の古着屋で買ったもの。ぎゅーっと絞って、タイパンツみたいにして履いています。あとは友達が泊まりに来た時に貸しますね。男女共用で使える服が好きで、大きめのシルエットの服を集めています。TシャツもXLサイズとか」

おさがりもはましゃか流に着こなします

「このあたりは、しおたん(塩谷舞さん)にもらった服。NYに引っ越す時に、服を大量にくれたんです。「全然別の着方をするから面白い」って言われます。真面目な取材や登壇とかのときに、人をおどかさない服として“しおたん服”にお世話になっていますね(笑)」

バブルを感じる服は、お母さんのお下がり

「実家にいた頃から、家族の服を借りてコーディネートしていました。これは、母がバブル時代に着ていたワンピース。意外と使えるんですよ」

そんなはましゃかさん、収納のお悩みは?

たくさんのカラフルなアイテムが飛び出したクローゼット、どんな状態なのか見せてもらいました。

収納は奥行きもたっぷり。

「お洋服が大好きなんですけど、クローゼットに入る分だけ! と、増えすぎないように厳選しています」

「収納スペースは大きめなんですけど、もうちょっと工夫できる気がしますね。帽子などの小物は扉にフックをつけて、かける収納しています。ワンピースやシャツなどは基本ハンガーにかけてしまっているんですが、もうちょっと余裕ができるといいかなあ」

収納を工夫しているはましゃかさんも、どうしてもクローゼットが窮屈になりお悩みがある様子。

「実は片付ける余裕がまだなくって、上の部分がぐちゃぐちゃなんです。雪崩が起きそう!」

冬服が入りきらず、床置きに

「さらに最近はクローゼットに入りきらない秋冬物が部屋のすみっこに追いやられています。収納ケースがひとつ、どうしてもおさまらなくって……どうにかならないかなあ」

おさまらないお洋服を預けるため、サマリーポケットを初体験!

季節外のお洋服を預けるなら、月額250円~の収納サービス「サマリーポケット」の出番です。今回はましゃかさんに、サービスを体験してもらいました。

はましゃかさんは、月額300円のレギュラーボックスをチョイス

スマホから申し込むと、ボックスが玄関まで届きます。今回お試しするのは、レギュラーボックス1箱。

裏地がボアになっているセットアップ

「冬はもこもこした服が大好きで、かさばるんです。全部ボックスに入るかな? 猛獣柄のセットアップも、地元・札幌のお気に入りの服屋さんで買いました。内側ボアになっているので、真冬しか着られないから預けちゃいたいです」

韓国のくつした「ポソン」

「雪国育ちなので、あったかアイテムもたくさんあります。この花柄の靴下は、漫画家の瀧波ユカリさんにいただいたもの。真冬に大活躍でしたが、しばらく使わないので、これも預けます」

サマリーポケットのボックスに、冬物をまとめてIN

「あれ、もこもこアイテムも結構たくさん入る!」

冬物バッグも詰めて、全部で12アイテムも入っちゃいました

「これ、シーズン外のお洋服をまとめて預けられるのいいですね。11月くらいになったら、箱ごと倉庫から取り出そうかな」

悩みのタネだった収納、即解決!

「これだけで収納問題が解決するなら、もっと他のアイテムも預けてみたくなりました! 荷物や書類を送るといった事務作業が苦手なんですが、スマホから注文して玄関まで来てもらえるなら、私でも気軽にできるかも。次はクローゼットの上にある荷物も一気に預けて片付けたいです」

すっきりしたお部屋でNetflixも捗ります

はましゃかさんの素敵な冬物アイテムも、スマホで一覧できます

今回利用したボックス

スタンダードプラン
レギュラーボックス
月額300円 ×1箱
合計金額 300円
月額保管料(税抜)
300円

※記事内のサマリーポケットの情報はすべて公開時のものとなります。料金・プラン等は変更となっている場合がございます。

サマリーポケットとは
1箱250円の格安価格で預けられるお手軽収納サービスです。
モノの取り出しも預け入れも管理も、PC・スマホで完結!
今なら10,000ポイントが当たる!大掃除キャンペーン
初回特典 ボックスの保管料が最大4ヶ月分無料!