サマリーポケットメニュー

サマリーポケットを使えば、 シェアハウス生活はもっと快適に!

シェアハウスで快適に暮らすコツとは? 収まらない荷物のスッキリ収納術をご紹介

韓 佶潁さん(シェアハウス入居者)

取材・文:薮田朋子
写真:丹野雄二

多様なライフスタイルが見られる現代の日本。都市部を中心に全国的にも増えてきたシェアハウスも新しい暮らし方のひとつです。シェアハウスを舞台にしたバラエティ番組も人気がありますが、おしゃれで楽しい暮らしはできるのでしょうか。人間関係やプライベート時間の確保はうまくできるのか、また居住部分の広さや収納量なども気になります。

そこで今回は、サマリーと業務提携をしている株式会社オークハウスが運営する人気シェアハウスへとお邪魔し、生活模様を取材させていただきました。

韓 佶潁(ハン・ジエイ)さん
シェアハウス「SR Academia横浜」の入居者
韓さんのお悩みポイント
  • 洋服が増えすぎて収納が足りない
  • 使っていない雑貨が部屋を圧迫している

身ひとつで住み始められるシェアハウス

入り口の扉を開け、すぐ目前に広がる豪華できらびやかな玄関に圧倒されていると……。

出迎えてくださったのは「SR Academia横浜」の入居者、韓 佶潁(ハン・ジエイ)さん。シェアハウスオープンのタイミングに引っ越してきてから約1年半と、入居者の中でもいちばん長く住んでいます。

「こんにちは。なんでも聞いてくださいね!」

「ここはもともと企業の社員寮だった建物を、シェアハウスに改築しているんです。 3階建ての建物に84部屋の居住スペースがあり、入居者は外国人が6割、日本人が4割。 会社員、フリーランス、学生などさまざまな男女が住んでいます」

シェアハウスにもいろんな種類がありますが、「SR Academia横浜」はホテルのように、ひとつの施設の中にたくさんのお部屋があるタイプ。いろんな人と出会えるのが魅力です。

大きな窓があり気持ちの良い韓さんの部屋。赤い収納ラックは自分で持ち込んだもの

「部屋の広さは12㎡程度。 ベッド、デスク、冷蔵庫、クローゼットなど一通りの家具が揃っているので、身ひとつで来て暮らし始めることができます」

一般のビジネスホテルよりも広く、ゆったりと過ごせそう。それに入居時に最低限のモノを持ち込むだけでいいのは、引越しの負担が少なくて済むので嬉しいポイントです。

シェアハウスの収納
オーバーしたらどうすればいい?

しかし、快適なシェアハウスに住む韓さんにも、収納に関するお悩みがあるそうで…

「実は洋服が増えすぎてしまって」 ベッドの向こう側を覗くと、大きなダンボール箱が…

「倉庫を借りるほどの量でもないのですが、クローゼットに入り切らない季節外の服や雑貨はダンボール箱に入れて、ベッド脇に隠しているんです」

備え付けで大きなクローゼットもありますが、収納量を上回ってしまったようです

趣味のモノが増えすぎて置き場がないという悩みは、シェアハウスではなくても多くの人が抱える問題。特に海外出身の韓さんのように、気軽に実家に荷物を送ることができない場合は、余計に困ってしまいます。

クローゼットに入らなかった洋服が部屋を圧迫!

処分したくないけれど、置いておくのはちょっと邪魔。そんなお部屋にあふれるモノの悩みは、サマリーポケットで解決してみませんか?

オーダーから最短翌日で専用ボックスが届くので、使用頻度が低いモノは専用倉庫に送って保管しましょう。

いちばん小さなレギュラーボックスからお試し!

「夏服は薄いけれど、数があるからかさばって場所を取ってしまうんですよね。でもどれも手放せないし、夏には必ず着るので捨てられなかったんです」

きれいなブルーの浴衣も出てきました!

「これは日本に来たばかりのときに買ったんですよ。夏まで使わないので預けます!」

レギュラーボックスに入った夏物衣類は38点。ダンボールひと箱が丸々空きました。

※スタンダードプランでお預けいただいたアイテムが31点以上の場合は、スタッフの判断により適宜アイテムをまとめて撮影します

「すごい! ひと箱なくなるだけでかなりスッキリしましたね! 次はもっと場所を取る大きなバッグや雑貨も預けてみたいです」 と、勢いづいた韓さんが次に選んだのはラージボックス。

ラージボックスはレギュラーボックスの2倍の大きさ

バッグやブーツなどの大きなモノでも折り曲げずに入れることができるので、大切な雑貨も安心して預けられます。

「母にもらったメイクボックスも、今は使っていないから置き場に困っていました。これも預けようかな」

今や大きな置物と化している、本格的なメイクボックス

大事なプレゼントも、使っていないなら預けて大切に保管しましょう。
サマリーポケットの倉庫は、24時間365日、温度や湿度を管理した環境。思い出の品の保管にも安心ですよ。

スマホやイヤホンなど電化製品の空き箱も、捨てられないけど場所を取るので一旦お預け

大きなメイクボックスを入れてもまだまだ余裕

箱いっぱいになるまで夏用の靴やバッグを詰め込み、ダンボール箱2つ分の雑貨がすっぽり入りました! ラージボックスなら総重量25kgまで、しっかりと送ることができますよ。

梱包完了。お疲れ様でした!

レギュラーボックスとラージボックス、それぞれをテープで留めれば完了! あとはアプリから集荷を依頼すれば、シェアハウスの玄関先まで取りに来てくれます。

「季節の洋服をひと箱に入れて預けるから、それを取り寄せるだけで衣替えができるのが便利そう。冬服を預けるときはアウターなど大物が多いから、ラージサイズを使ってみようかな」

ベッド脇に置いていたダンボール箱も全てなくなり、スペースができました!

「トランクルームに自分で持って行かなくても家まで取りに来てもらえるのも魅力的ですね。久しぶりにお部屋にスペースができて、とっても嬉しいです!」

送った荷物は倉庫で撮影され、アプリより一覧で見ることができます。持っているモノの管理も楽になりますよ。

贅沢な共有スペースで
住人と交流するのが楽しい!

「シェアハウスが大好きだから、唯一の悩みだった自分の部屋が心地良い空間になって本当に嬉しいです!」 韓さんを魅了するシェアハウスの暮らし、一層気になってきました。

「好きな理由はたくさんありますが、一番はなんでも話せる仲間ができること。ここで知り合って結婚した方々もいますよ」

テレビで見るような、キラキラと充実した暮らしは本当にあるんですね! でも逆にコミュニケーションを取るのが苦手な人は、大人数の中で暮らすのは大変なのでは……。

韓さんにシェアハウスを案内してもらいました

「どのシェアハウスも私のように長く暮らしている住人がいて、率先して新しい入居者さんに声を掛けますし、誰でも参加できるいろんなイベントも行われているので、徐々に仲良くなれると思いますよ。それに困ったときはマネージャー(管理人)もフォローをしてくれます」

まるで海外のような、おしゃれな空間

「ごはんを食べたりお酒を飲んだり、パーティをしたり。大勢で過ごすときはここに集まります」

ホールにはホテルのロビーのような重厚感のある家具が目立ちます。これには意図があるのだと韓さんは言います。

「共用部分の家具は、ほとんどがアンティーク。海外の人には馴染みやすく、日本人には珍しいアンティークを味わえる場所を提供したいという狙いがあるんですって」

ソファも、寝そべるだけで絵になります

ホールの机の上にあったファイルを開いてみると……

「入居者のプロフィールはファイリングされていて、ホールに来ればいつでも見ることができます。どんな人が住んでいるのかひと目でわかるし、相手に自分のことも知ってもらえますよ」

そしてホールの奥にはキッチンスペースがありました。

コンロやシンクもたくさんあります!

豆を挽いてコーヒーを淹れる、丁寧な時間にも癒されます

「キッチンの調理器具やお皿は自由に使用できます。広いから数人で立って調理することもでき、使い勝手は抜群ですよ。それでは次に、人気の高いシアタールームをご紹介しますね!」

大きなスクリーンとテーブル、ソファだけの贅沢な空間

スイッチを入れると、ソファの背が倒れます!

「人気の秘密は、ソファで寝そべりながら大画面で映画を観られること。映画を観終わった後、友達とおしゃべりをする時間が幸せなんです」

映画はネットにつないで観ることができます。小さな部屋なので音もよく、映画好きな人にはたまりません。

普段会えないような人とも知り合えて、孤独感がなくなった

2階へ移動し、階段を上がってすぐの部屋の扉を開けると……。

シンプルで集中しやすい環境

「スタディルームは部屋専用のWi-Fiが通っているので、仕事も勉強も快適にできます。フリーランスの方がワーキングスペースとして使っているのをよく見かけますね。椅子の座り心地がいいのが自慢です」

大きな窓から外のグリーンも見えて癒されます

「こちらは大浴場。男女で曜日を分けて使用しています。大浴場を使わない日はシャワールームもたくさんあるのでそちらを利用できます。また住人専用のレンタサイクルや、本格的な器具が揃ったトレーニングルーム、ランドリースペース、シガレットスペースなどの設備もありますよ」

これらはどこでも自由に使ってOK。魅力的な設備が揃っているのは、大人数の共同施設だからこそですね。

実は韓さん、シェアハウスは初めての経験だったと言います。

「欧米ではシェアハウス文化は進んでいますが、日本や中国はまだまだこれから。私も日本で初めてシェアハウスに住みました。それまでは、外国人だし知り合いも少ない中で、仕事や住む場所が変わり、なかなか友達と会えなくなっていました。でもシェアハウスならいろんな人がいて毎日会えるし、一緒に料理を作ったりお風呂に入ったり、孤独感がなくなりました」

シェアハウスで開かれたハロウィンパーティの写真も宝物

「オークハウスでは関東圏で様々なシェアハウスを展開しているので、大人数での暮らしが不安であれば、もっとアットホームな少人数タイプや、逆にプライベート感の強いアパートメントタイプを紹介してくれて、自分に合ったシェアハウスが見つかりますよ」

人との出会いや新しい経験が豊富で、誰でもウェルカムな雰囲気が印象的だったシェアハウス。

興味はあるけど居住スペースや収納が不安だった人、もうすでに住んでいるけど部屋にモノがあふれて悩んでいた人は、サマリーポケットを使えば即解決!シェアハウス暮らしを最大限に楽しめそうです。

今回利用したボックス

スタンダードプラン
レギュラーボックス
月額300円 ×1箱
合計金額 300円
スタンダードプラン
ラージボックス
月額500円 ×1箱
合計金額 500円
月額保管料(税抜)
800円

お部屋をスッキリさせるために、サマリーポケットを使ってみませんか?

※記事内のサマリーポケットの情報はすべて公開時のものとなります。料金・プラン等は変更となっている場合がございます。

あなたも荷物を預けて
スッキリさせよう!

株式会社オークハウス
オークハウスは、 敷金・礼金・連帯保証人を要求せず、 全室家具家電付き住居を提供するシェアハウス運営会社。 顧客の利便性を追求し、 日本の賃貸住宅のサービス化を目指している。 現在首都圏と関西に約 280 物件を運営管理しており、 約7,000人いる全入居者のおよそ53%が訪日外国人。 国籍、 職業や年齢、 性別、 収入による制限なく入居できる。
「住むことを楽しむ」を企業理念としており、日常生活で入居者同士の交流が生まれるように住空間の動線設計を意識した共有設備を充実させることに加え、定期的なイベント開催を通して交流を促進している。
https://www.oakhouse.jp/
はじめてのご利用でボックスの保管料が最大4ヶ月分無料!1,100ポイントプレゼント!クーポンコードを入力 NEWSMPK