サマリーポケットメニュー

サマリーポケットを活用して、お部屋を広く快適に!

【収納術】収納のコツ5ヶ条&サマリーポケットの活用で、スッキリした暮らしを実現!

9月に入り、これからだんだんと暑さも落ち着いて過ごしやすい季節になっていきますね。新たな環境で新しい挑戦を始めようとする方もいるのではないでしょうか。
宅配収納サービスのサマリーポケットは2020年9月1日で5周年を迎えることができました。これもひとえに、ご利用いただいているみなさまのおかげです。誠にありがとうございます!

サマリーポケットジャーナルでは、おうち時間の増えたいま、自宅で過ごす時間をよりよいものにしていただくための提案をしています。
そこで今回は、モノを愛する全ての方のお片づけを応援し、書籍『捨てない片づけ』 を出版した、サマリー社の整理収納アドバイザー・米田まりなが、5周年にちなんでおうち時間を快適に、スッキリした暮らしを実現するためにモノの持ち方を見直す収納のコツ5ヶ条をご紹介します。

サマリーポケットに10箱以上も預けている米田まりなからお届けするこの5ヶ条を実践することで、モノが整理されて、もっと便利にサマリーポケットを使うこともできますよ。

収納のコツ5ヶ条とは?

おうち時間が増えたことで部屋にあるモノの量や位置が気になってきて、いざ片づけよう!と思っても「どこから手をつけたらいいのかわからない」「そもそもこれは効率のいい片づけ方なのかな」なんて悩んだことはありませんか?

そんなお悩みを解決する手助けになるのが、この『収納のコツ5ヶ条』です。
それでは具体的に1つ1つのコツについて詳しくみていってみましょう!

1. 部屋の収納量を把握しよう


まずは、部屋の収納サイズを把握し、モノの持ち方を見直してみましょう!持っているモノと収納サイズが見合わなければいくら片づけようと思っても、スッキリしません。

部屋の空間は、大きく【居住スペース】と【収納スペース】の2種類に分けることができます。収納スペースは、押入れ・クローゼット・戸棚・下駄箱など、住宅に備え付けの、収納を目的とした空間のことです。

いまの部屋を見渡して居住スペースに、十分にくつろぐスペースは確保できていますか?

日々の生活で狭さを感じる原因は、くつろぎ(就寝・食事・団らん)に使えるスペースが十分にないことにあります。もし狭さを感じていたらこれ以上、床にモノをおいたり、収納家具を買い足して、部屋を狭くしてはもったいないです!

ちなみに、国土交通省の定める『住生活基本計画』では居住総面積に対して、収納に使う面積は1割程度で設定されています。

居住総面積に対しての収納面積目安

居住総面積に対しての収納面積目安

収納スペースが足りないからと、慌てて収納グッズを買い足してしまうと、失敗の元。
片づいてから初めて、収納グッズを買いましょう。収納にあわせてモノを選ぶのではなく、先に選んだモノに収納グッズをあわせると失敗しません!

いまある収納スペースをざっくり測り、だいたいの大きさの目安を把握します。ただ収納スペースをメジャーなどで測っても、実際に持っているモノがどれだけ収まるのかはわかりづらいですよね。
そういうときは、目安となる箱が1つ(おすすめは100平方cm)あると、箱何個分の収納があるかといった形でわかりやすくなりますよ。持っているモノを箱に詰めてみることで、自分の持ち物の量もあわせて把握することができます。

100平方cmのボックスにモノを詰めることで、持ち物の量を把握

100平方cmのボックスにモノを詰めることで、持ち物の量を把握

2. モノを使う頻度と愛情で分けよう

モノの整理の基本は『全部出し』

収納スペースを測るときに使った箱に整理したい対象アイテムを詰めたら、今度は意味を考えながら床に1点1点並べていきます。本棚やクローゼットに入った状態で判断をするのではなく、床一面にアイテムを全部出ししてみましょう!

持っている意味を考えるために、まずは床に全部並べてみよう

持っている意味を考えるために、まずは床に全部並べてみよう

次に、1つ1つのモノを箱から出しながら、そのモノを所有している意味のラベルをつけていきます。分類の1つ目の軸は【使う・使わない】、2つ目の軸は【愛情】です。

さらに1つ目の軸で『使わない』と判断したモノを、『愛する・愛さない』でもう一回分けていきます。

うまく分類できたでしょうか?

『使わないけど、愛するモノ』は、捨てずに残しておくべきモノです。
反対に『使わないし、愛してもいないモノ』は、積極的に手放すことを検討すべきモノです。

愛があるか否か、10秒以上迷った場合は、一旦『迷う』ボックスや袋へいれてあとで検討しても大丈夫ですよ!

分類に悩んだときは『迷う』ボックスや袋に。まずはわかるところからサクサク進めてみましょう

分類に悩んだときは『迷う』ボックスや袋に。まずはわかるところからサクサク進めてみましょう

使うモノはさらに使用頻度によってグループ分けをします。これでA〜Dの4つのグループができました。

使わないモノの中でグループCの『愛するモノ』が部屋に多い方は、さらに分類分けをしていきます。

ここで大事なことは、「いったん1つも手放さなくていいと考える」ことです。 そのうえで、全部のアイテムとゆっくり向き合う機会を作るのです。1つ1つ手にとって、愛着の仕方でマッピングしてみましょう。

分類分けが終われば、あとはピッタリな場所に収納するだけ!

コレクションや思い出の品などは、愛があるけどあまり触らない『神聖な領域』です。傷1つでもつけたくない、人にもあまり触られたくないモノなので、押入れの風通しのいい場所や、リビングの棚など、最も安全な場所に置いておきましょう。

愛がありよく触るモノは、右上の象限で『親友』と呼べるモノです。ベットサイドや本棚、マガジンラックなど、さっと手が届きやすい場所において、いつでも手にとれるようにしたいですね。

次の項目からはいよいよお部屋をスッキリさせていくコツについて見ていきましょう。

1ページ|2ページ

はじめてのご利用でボックスの保管料が最大4ヶ月分無料!1,100ポイントプレゼント!クーポンコードを入力 NEWSMPK