サマリーポケットメニュー

好きなモノにだけに囲まれて暮らすならサマリーポケット

好きなモノだけに囲まれて暮らす。理想の暮らしに一歩近くモノのクラウドストレージ

寄稿:sushi(ファッションライター)

スマホひとつで部屋がスッキリする宅配収納サービス「サマリーポケット」の利用例を中心に、こだわりの収納法や断捨離術など、“モノの管理方法”についてお届けするサマリーポケットジャーナル。

おうち時間が長くなり、部屋に対するこだわりや想いが強くなった方も多いのではないでしょうか。

今回は企業勤めをしながらも、大好きなことを仕事にしたいという気持ちからファッションライターもこなしているsushiさんに、サマリーポケットの体験レポートを寄せていただきました。

好きなモノやコトに対して、こだわりを持って暮らしたいと思ったとき、サマリーポケットはどのように活用できるのでしょうか。

宅配収納を使うことにしたある理由


勝手かつ、個人的に抱いているイメージですが、ストレージサービスは「モノが少ないシンプルな生活がしたい」であるとか、「部屋をさっぱりと整理したい」という方が多く使われるのかな?と思っています。

反して、自分の場合は特段部屋の整理整頓には困っておらず、整理整頓は寧ろ得意な方だと思っていますし、部屋も少しモノが多いくらいが部屋で過ごす際には安心する人間ですが、ある理由からストレージサービスを使い始めました。

現在住んでいる部屋です。広くはないですが、一人暮らしには十分。

現在住んでいる部屋です。広くはないですが、一人暮らしには十分。 現在住んでいる部屋です。広くはないですが、一人暮らしには十分。

私は大学を卒業後、地元を離れ民間企業に就職しましたが、趣味を仕事にしたいという気持ちが抑えきれず、会社の副業制度を利用してフリーランスのファッションライターとしても活動をしています。

ファッションライターというくらいなので、手前味噌ながら洋服にささげる愛情は常識のそれではなく、大量の洋服を所持しています。ただ、現在住んでいる会社の寮の部屋は一人暮らしをするには不都合のない広さがあり、洋服をしまう場所に困っているというわけではありません。

この他にも備え付けの収納パンパンに洋服がありますが、特に気に入っている服や良く着る服については敢えて目に着く範囲に飾る感覚で整理しています。

  この他にも備え付けの収納パンパンに洋服がありますが、特に気に入っている服や良く着る服については敢えて目に着く範囲に飾る感覚で整理しています。

「好きなモノだけに囲まれて生活がしたい」


私は非常にわがままなので「好きなモノにだけ囲まれて生活したい、見て心躍らないモノは自分の生活にはあまり必要がない」と思っている節があります。

ファッション関係の書籍は実際に勉強の為にも読みますが、作品集などはインテリアとしても気に入っており、少しづづ集めています。

ファッション関係の書籍は実際に勉強の為にも読みますが、作品集などはインテリアとしても気に入っており、少しづづ集めています。 ファッション関係の書籍は実際に勉強の為にも読みますが、作品集などはインテリアとしても気に入っており、少しづづ集めています。

上記で書いた大好きな洋服たちはもちろん、インテリアや楽器、本や生活必需品なども、デザイン等や思想が気に入ったモノだけで生活環境を構成したい、という思いがありました。上京をきっかけに、一人暮らしになってから少しずつではありますが、家具なども、できるだけ自分が心から良いと思えるモノを買いそろえています。

足の細い家具が好きで、かがんだアングルから見た時に立ち並ぶ足をよく眺めています。

足の細い家具が好きで、かがんだアングルから見た時に立ち並ぶ足をよく眺めています。 足の細い家具が好きで、かがんだアングルから見た時に立ち並ぶ足をよく眺めています。

とは言いながらも、部屋に飾る絵や本、インテリア、小物など心躍る素敵なモノは生活を一段と豊かにはしてくれますが、往々にして生活の基盤を支えてくれるモノではなかったりもします。

洗剤や歯磨き粉、常備薬などまでは中々気が回らず、スーパーで一般的なモノを購入しています。そういったものは室内収納にしまってしまえば済みますが、そうはいかないモノも当然あります。

例えば寮に付属していた備え付けの家具などは(有難いのですが)デザインがあまり気に入らないので部屋には置いておきたくないですし、夏場は不要な厚手の布団やちょっとコンビニへ行くとき用の着古したダウンジャケットなどは非常に場所を取りますし、「いざという時に必要なモノ」も多いのが事実です。また洋服や靴、家具を買った際の化粧箱やショップバッグも、捨てたくはないものの、自室に収納しておくには限界があります。

洋服やアクセサリーを買った際に付いてくる化粧箱は必要はないけど、捨てるのも何か勿体ないモノの代表例です。

洋服やアクセサリーを買った際に付いてくる化粧箱は必要はないけど、捨てるのも何か勿体ないモノの代表例です。 洋服やアクセサリーを買った際に付いてくる化粧箱は必要はないけど、捨てるのも何か勿体ないモノの代表例です。

無限の広さがあるクラウドの様な感覚


サマリーポケットの利用を開始したのは凡そ半年ほど前、同僚がサマリーポケットを利用していることを知ったのがきっかけでした。現在の生活拠点に引っ越してきてから2年半が経過しており、好きなモノが増えすぎて部屋の荷物がいよいよ収まり切らなくなっていたこともあり、利用してみようと思いました。

上記のように、「なかったらなかったで必要な際に困るモノ」を中心に一番大きなサイズの段ボール(ラージボックス)3箱分の殆ど着ないスーツ季節外れの適当なアウター、一人暮らし用の除湿器、アクセサリーや靴の入っていた化粧箱等を預けています。

ちょっとそこまで、という時に着るアウターや、夏場には邪魔になる加湿器などを預けています。この辺りはそろそろストレージから取り出す時期になります。

ちょっとそこまで、という時に着るアウターや、夏場には邪魔になる加湿器などを預けています。この辺りはそろそろストレージから取り出す時期になります。 ちょっとそこまで、という時に着るアウターや、夏場には邪魔になる加湿器などを預けています。
この辺りはそろそろストレージから取り出す時期になります。

利用方法自体はとてもシンプルで、アプリをインストールし、そこから必要な容量分の専用ボックスを手配するだけ。指定した日時にボックスが届き、預けたいモノを梱包したら、集荷に来てもらう。実質自分でしなくてはならない作業は梱包だけで、重たいボックスを抱えてマンションの階段を昇り降りしたりする手間がないのが嬉しいです。


利用しているのはスタンダードプランのため、配送した荷物はサマリーポケット側で写真撮影をされ、数日中にアプリ内に何を預けたかが可視化されるようになります。

引越しの際に必要になるギターケースや何故か持っている寝袋等。スーツもほとんど着ないので、スーツ用のバッグは預けてしまっています。

引越しの際に必要になるギターケースや何故か持っている寝袋等。
スーツもほとんど着ないので、スーツ用のバッグは預けてしまっています。

サマリーポケットの一番の良い所はまさにこの点で、たとえ段ボールの中に様々なモノを収納して、自宅の物置にしまっておいたとしても、わざわざ荷物を掘り起こすのは面倒ですし、そもそもどこにしまっておいたのか分からなくなる、なんてこともしばしばかと思います。

サマリーポケットに預けておけば、“収納した場所分からない問題”からは解放されますし、特定の荷物をピンポイントで、かつ労力をかけずに取り出すことができます。この点は私のように「なかったらなかったで必要な際に困るモノ」を預けている人間にとってはいざ必要になった際には非常に有難く、手続きをしてから最短で次の日には手元に届くというスピード感も魅力です。

部屋においておくとかさばる化粧箱やショップバッグも預けています。

部屋においておくとかさばる化粧箱やショップバッグも預けています。 部屋においておくとかさばる化粧箱やショップバッグも預けています。

実際に家に置いておくとスペース取る荷物たちが、きれいに整頓されてスマホの中に収まっているのは、クラウドにデータを保管している感覚にかなり近いと思います。月額の料金はかかりますが、梱包や配送の手間も小さく、預けた荷物の管理も分かりやすい。


そして何より自分の居住スペースや、好きなモノを置くための空間を作ることができるということは、単なる整理整頓では得られないメリットであり、ストレージサービスを利用する最大の利点だと思います。

サマリーポケットで理想に近づく
自分の生活環境


ラージボックス3箱分も荷物を預けると、部屋の収納の容量には大分余裕が生まれました。私のサマリーポケットの利用目的は、生活から好きなモノ以外を排除して、どこかへしまってしまいたい、というものだったので、部屋の中における「好きなモノ率」は格段に上昇しました。

在宅勤務も増え、部屋で過ごす時間がグンと増した新しい生活様式の中で、自分が心地よい空間の中で過ごせるということは、様々な場面でストレスがかかるこのご時世では大きな利点であると感じています。

またサマリーポケットを利用し始めたこの半年で部屋にはまた新しいお気に入りのインテリアや洋服を増やすことができ、自分の部屋にさらに愛着がわきました。価値が定量化されていないファッションの魅力を発信するファッションライターとしての活動では、最新トレンドをキャッチすることももちろんですが、自分のスタイルや感性においてブレない一つのスタンスを保った上で発信することが最も重要だと考えています。

部屋にモノを置くスペースが増えたので、またバッグやアウターを買いました。 最近は90年代のエルメスのアイテムを収集しています。

  部屋にモノを置くスペースが増えたので、またバッグやアウターを買いました。
最近は90年代のエルメスのアイテムを収集しています。

自らのスタンスをより硬いものにしていくにあたり、自分が良いと感じられるモノばかりの空間で過ごす時間は、自分の感性の純度をより高めてくれるように感じています。そういった自分の大事にしている活動のクオリティをより高める生活環境づくりのためにも、サマリーポケットは自分にとっての大きな味方であると感じています。

宅配収納サマリーポケットを
さっそく試してみよう

使用したボックス

スタンダードプラン
ラージボックス
月額550円 ×3箱
月額保管料(税抜)
1,650円
寄稿:sushi(ファッションライター)
2018年に大学を卒業後、不動産デベロッパーに入社。商業施設・オフィスビルの開発に携わる傍、副業制度を利用し2020年よりフリーランスのファッションライターとしても活動。Fashionsnap.comで「あがりの服と、あがる服」連載中。

Twitter: @odbodbodbodbo
Note: @sushi_in_tokio

連載: 「あがりの服と、あがる服

※記事内のサマリーポケットの情報はすべて公開時のものとなります。料金・プラン等は変更となっている場合がございます。
※2021年3月以前に公開された記事の税抜での価格表記となります。