サマリーポケットメニュー

これからYouTuberになりたい人のための部屋作りと機器選びをご紹介

動画撮影を意識した部屋作りー新米YouTuber MADKID・KAZUKIさんの暮らし

KAZUKI(ダンス&ボーカルユニット MADKID)

5人組ダンス・ボーカルグループ「MADKID」のメンバーであるKAZUKIさんは、2021年からYouTubeでの発信を開始したばかり。動画は自宅で撮影し、編集もすべて自分ひとりで行っているのだとか。現在は大好きなガジェットを中心に動画をアップしているKAZUKIさんに、利用機材やモノ選びのポリシーをたっぷり伺いました。

実家の自室をYouTube撮影に最適化

僕は実家住まいで、YouTubeもこの部屋で撮影しています。さっき「モノが少なくてきれい」と言っていただけましたけど、普段は散らかっちゃいますね。今回は自宅取材なので、前日焦って片づけました(笑)。

スッキリと綺麗なKAZUKIさんのお部屋

スッキリと綺麗なKAZUKIさんのお部屋

もともとはこの机もなくて、ベッドだけ。TVボードなどは、徐々に買い揃えていきました。少し前までエアソファーもあったんですけど、うまくハマらなくて。今のレイアウトで落ち着いてからは、約1年です。

新米YouTuberの機材を拝見

照明機材は、アマゾンで「カメラ 照明」で検索して買いました。デスクに置いている照明は、2個セットで3,000円くらいだったかな。安いですよね! 光は一色だけど、光量は調整できるんです。よくあるリングライトだと、目がキラッキラになるので、違うモノにしました。

照明関連で一番のお気に入りは、Aputureのカード型フルカラーLEDライト。14,000円くらいでした。スマホアプリとリンクもできるし、色も簡単に変えられるんです。ニュアンスカラーも出せるし、エフェクトも使えます。

カード型フルカラーLEDライトでYouTube撮影時の雰囲気作りをしている

カード型フルカラーLEDライトでYouTube撮影時の雰囲気作りをしている

普通の照明として使いたいときも、超小型だからカメラの上に乗っけられるし、顔に向けて照明をあてると、印象がガラッと変わるんですよ。マグネットがついているので、ペタッと貼ることが出来るのもポイント。電池は充電式なんですけど、結構もちます。光量もあって、MAXにすると相当明るいですね。見えないところに置くと、ニュアンスが出るんです。YouTubeでも、いつも背景に写り込ませています。おすすめです。

照明も何度か試行錯誤しながら最適解を見つけ出す

照明も何度か試行錯誤しながら最適解を見つけ出す

メインカメラはSONYのα7Cに、自分で選んだ、Gレンズをつけています。レンズはちょっといいやつで、10万円しました。大奮発したのは、「本気でYouTube頑張ろう!」という決意からです。2017年頃からVLOGを発信していたんですけど、撮影も編集もすべてiPhoneのアプリでやっていました。動画の面白さにハマっていくうちに、どんどん機材をグレードアップしたくなっちゃって。そこから、カメラなどのガジェットにも興味がわくようになったんです。

もともとはTwitterでVLOGを発信していたが、YouTubeに力をいれることにした

もともとはTwitterでVLOGを発信していたが、YouTubeに力をいれることにした

三脚代わりに使っているジンバルは「DJI RSC 2」です。もっと安いモノはあるんですけど、単純に見た目がかっこいいから選びました。所属しているグループ「MADKID」のメイキング動画は僕が撮ることが多くて、よく使っています。

最近は所属グループのメイキング動画撮影を担当することも

最近は所属グループのメイキング動画撮影を担当することも

マイクはSENNHEISER「MKE 200」で、本当は屋外で使うモノ。これもめっちゃいいです。指向性があって、前面の音を的確に拾ってくれるので、おしゃべりの声がクリアになります。最近のYouTubeって、ラジオ感覚で音声だけを聴く人も多いですよね。だから、カメラやレンズだけじゃなく、音質にもこだわりたいんです。

いま特に動画撮影で大事にしているのは音質

いま特に動画撮影で大事にしているのは音質

最近買ったのは、カメラのバッテリーチャージャー「ヘーネルプロキューブ2」です。上から挿すだけで充電が始まるし、電池のパーセンテージがわかるんです。2個同時に充電できるので、便利ですよ。

YouTubeでの配信が
部屋作りのモチベーションに

ガジェット好きでなんでも豪快に買う印象を持たれるんですけど、意外と堅実です。絞るところは絞るし、欲しいモノがあるときは、YouTubeで比較動画を見まくります。

モノ選びの基準は、価格が安ければいいな……と思いつつ、機能性と見た目です。モチベーションが上がると、仕事にも繋がるので。同じ価格帯だったら、デザインを優先します。

モノを買うときはとにかく調べて、比較する

モノを買うときはとにかく調べて、比較する

YouTubeを始めてから、カメラにうつる部分だけはきれいな状態を維持しています。でも、うつらない部分は結構モノやコードがごちゃっとしてるかもしれません。「片づけなきゃ!」と神経質になりすぎないように、自分を許せるゾーンを作っています。

カメラに映る箇所はきれいに、それ以外はゆるく整頓

カメラに映る箇所はきれいに、それ以外はゆるく整頓

いつでも動画撮影が出来るように机の上には機材を出しっぱなしにしているんですけど、以前は床にもモノを置いちゃってました。でも、最近「もう、床にはなにも置かないぞ!」と決意して、「ILIFE」のお掃除ロボットを買ったんです。

部屋のクローゼットもスッキリさせておきたいから、今はサマリーポケットに冬服と布団を預けています。

片づけをしているときに、「使わない布団が一番邪魔だな〜」と思っていたんですけど、ちょうどサマリーポケットのテレビCMを見て「預ければいいんだ!」って衝撃で。愛用して、もう2年くらいになります。仕事柄、自前衣装もすごい量なので、もっと服も預けようかと考えています。1点単位で取り出せるのも気に入ってます。

サマリーポケットにシーズン外の布団や服を預けている

サマリーポケットにシーズン外の布団や服を預けている

ガジェットの箱は一応すべてとっておく派で、結構かさばっています。新モデルが発売されるたびに買い替えるんですけど、中古機材を売りに出すときに、箱があると高く売れるんですよ。クローゼットの一部に箱が積まれている状態なので、これもサマリーポケットに預けちゃおうと思っています。

捨てられないガジェットの箱もサマリーポケットに預けたい

捨てられないガジェットの箱もサマリーポケットに預けたい

自分のいいと思うコトを発信していきたい

1本10分の動画でも、結構編集に時間がかかっちゃうんです。しゃべりの間とか、噛んじゃったところをカットするのが大変で、0.1秒単位で調整しています。でも、徹底的にこだわりたいから、撮影も編集も全部自分でやりたいんですよね。

大変だとしても細部までこだわって自分自身で編集している

大変だとしても細部までこだわって自分自身で編集している

YouTubeをやってから変わったのは、オンラインだけじゃなく、身近なメンバーとのコミュニケーションもさらに活発になったことですね。「KAZUKI、このガジェットはどうなの? いいの?」って、おすすめ機材を聞かれるようになりました。今まではただ「デジモノがスキな人」だったんですけど、YouTubeでガジェット紹介動画を始めてからは「詳しい人」って認識になったみたいです。

周りの印象が「デジモノが好きな人」から「デジモノが詳しい人」に

周りの印象が「デジモノが好きな人」から「デジモノが詳しい人」に

動画をきっかけに、これまで僕らが接触できなかった人にもMADKIDを知ってもらえればいいなと思っています。今はチャンネル視聴者もほぼ女性なんですけど、徐々に増えてきてはいて、今16%くらいが男性です。いつかライブに来て、そしてMADKIDのファンにもなってもらえたらいいな。

サマリーポケットとは
1箱275円(税込)〜の格安価格で預けられるお手軽収納サービスです。
モノの取り出しも預け入れも管理も、PC・スマホで完結!
保管料最大3ヶ月無料!
サマリーポケットとは
ボックス 画像
1箱275円〜605円のお手頃価格で預けられる宅配収納サービスです。
ボックスの取り寄せ・預け入れ・取り出しまで、PC・スマホで完結!
詳しく見る
KAZUKI
2014年結成した5人組ダンスボーカルグループ「MADKID」のメンバー。2019年にリリースしたTVアニメ「盾の勇者の成り上がり」OPテーマ「RISE」が海外を中心にヒット。圧倒的なラップワークと力強いボーカルによる唯一無二のパフォーマンスが魅力。2021年より個人のYouTubeチャンネル「かずきんぐたなべの動画」にて、おすすめのガジェットを紹介している。
公式WebTwitterYouTube

2021年7月7日に、MADKID 5th Single「Gold Medal」をリリース

取材・文:小沢あや
写真:丹野雄二

※記事内のサマリーポケットの情報はすべて公開時のものとなります。料金・プラン等は変更となっている場合がございます。