サマリーポケットメニュー閉じる

東京の賃貸は収納が狭い…そんなときの解決策、サマリーポケット

引っ越しにも大活躍!東京の賃貸、収納スペースの少なさに困った時の解決法とは?

水島 さとり (モデル/女優)

スマホひとつで部屋が劇的に片付く収納サービス「サマリーポケット」の利用例を中心に、こだわりの収納法や断捨離術など、“モノの管理”についてさまざまな方へインタビューするサマリーポケットジャーナル。
今回は、モデルや女優として活躍する水島さとりさんにご登場いただきました。最近大阪から東京に拠点を移したことをきっかけに、サマリーポケットを利用し始めたそう。サマリーポケットを利用することで仕事や趣味の幅が広がっていきそうです。

1箱250円の格安価格で預けられる
お手軽収納サービスです。
モノの取り出しも預け入れも管理も、
PC・スマホで完結!

取材・文:平井莉生


水島 さとり(みずしま さとり)
大阪府生まれ。主な出演作品は、朝日放送『おはようコールABC!』(レギュラーレポーター)、映画『アウトレイジ』、FOD(フジテレビオンデマンド) さいはてれび『Melody』、その他、ファッション、広告、CM等、多方面で活躍している。
https://www.instagram.com/strisland/

新しい家の収納が狭く、持っていく洋服も制限していた

— サマリーポケットを使っていただくきっかけは何だったのでしょうか。

私はずっと大阪に住んでいて、この数年は月に半々くらいの割合で大阪と東京を行き来する生活だったのですが、2017年から東京に引っ越して拠点を移したんです。今の東京の部屋がすこし狭くて収納スペースが充分ではなかったので、最初は荷物を最小限に抑えて持ってくる洋服なども制限していたんですけど、どうしても仕事や生活をする上で必要なお洋服や小物がどんどん増えていってしまって、いよいよ収納に困り果てて(笑)。どうしよう……と思っていた時に、周囲の人が使っていて評判が良かったサマリーポケットを使ってみることにしました。

— それはまさにサマリーポケットの出番ですね!となると、今預けていただいているのはお洋服ですか。

そうですね。今はお洋服と、頻繁には使わないけれど捨てたくないものや写真なども預けています。エコノミーボックスで2〜3箱、一気に預けました。引っ越しでバタバタしていて「とりあえず預けちゃえ!」という感じだったので、手元においておかないといけない必要なものまで預けてしまって(笑)。またすぐに取り出したのですが、そのやりとりもスムーズで時間もかからずストレスなくできて良かったです。それを機にもっと整理して預けようと思って、アパレルボックスも取り寄せたところです。大阪の実家に荷物を置いておいたら自分で取りに行くか誰かに頼んで送ってもらうしかないので、自宅にいながら簡単に荷物の取り出しができるサマリーポケットのサービスはすごく魅力的ですね。

水島さんは、洋服だけでなく思い出の写真や寝具を預けられています。布団を預けられるのも、大きなエコノミーラージボックスならでは!

— ありがとうございます。実家に荷物を置きっぱなしにしている方は多いと思うので、そんな方にもオススメですね!東京での生活はいかがですか。

ずっと行き来していたので特に大きな心境の変化はないのですが、やっぱり引っ越しってワクワクしますよね。通っていた数年間も、東京での家は探していたんです。東京に来た時に必要な荷物が最低限置いておけて、あとは寝られる場所が確保できれば良いと思っていたんですけど、アクセスと家賃の面でちょうど良い場所がなかなか見つからなくて。当時は大阪でいくつかテレビのレギュラーをやっていたこともあって完全に拠点を移すということが難しかったのですが、この度レギュラーを卒業して東京に拠点を移すことにしたんです。引っ越してからは、大阪も東京も前よりもっと好きになりましたね。

— そうだったんですね。水島さんは、どういうきっかけで今のお仕事を始められたのでしょうか。

きっかけはスカウトですね。でも私はもともと自分に自信がなく表に立つことも苦手なタイプで。なので最初スカウトしてもらったときも、何度かお断りしたんです。それがあれよあれよと言う間に母親が説得されちゃって、気付いたら事務所に所属することになっていて(笑)。そうしてスタートしたものの、いろいろとやっていくうちに事務所との方針が合わず辞めることにしたのですが、当時そこで演技の先生として出会った方が声をかけてくださり、そこからその人と二人三脚でやっていこうと再スタートをしたのが今に繋がっていますね。

— 今はモデルのお仕事と映像のお仕事と両方されていますが、どのようなことを意識されているのでしょうか。

そうですね……、スチール(動画ではない静止画、写真)だと、顔や体の角度1mm単位で自分やお洋服の見え方が大きく変わってしまうので。今どう見えているのかっていうのと実際の見え方のギャップを極力なくしたいな、とはいつも思っています。映像は、取り繕えば取り繕っているところがそのまま映ってしまうし、かと言って気を抜いていれば気を抜いているところが映ってしまうので…。外側というよりは内側の、根本の意識を持っておかないといけないというのが難しいところです。どちらも状況に合わせて、現場ごとに柔軟に対応することが大事だなと思っています。

— 今後の活動も、とても楽しみです!おやすみの日は何をして過ごしているのでしょうか。

友達と食事に行ったり……、あとは純喫茶やスナックが好きなんですよね。自分自身が平成生まれだからなのか、昭和のムードに憧れがあって。特に昭和歌謡が大好きで、昔からずっとYouTubeで見たり聞いたりしているのですが、最近はレコードで聞きたいなと思っていて。レコードは場所を取るのでずっと手を出さないでいたのですが、これからは部屋に置ききれなくなってもサマリーポケットがあるので、コレクションしたくなっちゃいますね。

いかがでしたか?
東京の賃貸は、家賃が高くて部屋も狭い…。
そんな収納に困っている方も、サマリーポケットがあれば大丈夫!
持ち物を泣く泣く捨てる必要はもうありません!

ボックスをまとめて取り寄せると最大900ポイントがもらえる!今すぐサイトをチェック!

その他の投稿

記事一覧へ